基本情報

宮下 夏樹(本名)

sigmist810(屋号)

→ SNSアカウント命名時からそのまま。当時Nikon D810を使っていたこと、SIGMAのレンズを好んで使っていた(今でも。)ことから、仲間がつけてくれたアカウント名でした。

38歳 男性

(名前でしばしば女性と思われがちです)

長野県長野市 出身・在住

→高校まで地元で育ち、大学は東京へ。就職して10年、長野を離れていましたがUターンし、現在に至ります。

職歴・専門分野

大学:機械工学専攻

某自動車会社で二輪車のエンジン開発

(プロマネ・実験・シミュレーション・設計)

電気計測器メーカ 計測器・システム開発

(企画・マーケティング・プロマネ・設計・実装)

→機械、電気、ハードウェア、ソフトウェア全般の実務と、製品企画、プロジェクトマネジメントなど。「モノ」の開発を一通り、広くそれなりに深く経験してきました。

撮影スタイル・分野

主に、地元 長野で、夜間の長秒露光を中心とした、夜景・星景を得意としています(人物撮影、記録写真撮影なども行いますが、作品としての発表はあまりしておりません)。

星景写真

長野の山間部で主に撮影しており、最も力をいれているカテゴリーです。

通常の一枚撮り、赤道儀での追尾+前景別撮り(所謂 新星景)を得意としています。

純粋な星野写真(天体写真)は専門外です。

善光寺(夜景)

長野市民の心の故郷。母なる善光寺です。

ほぼライフワーク。いろんなシチュエーション、天候、タイミングで様々な表情を見せてくれるのが楽しみで、写真を始めてからずっと通い詰めています。

夜景 一般

高コントラスト、高ダイナミックレンジな被写体を好んで撮ります。

地元の何気ない風景をどうやって印象的に、インパクト大きく撮るか、常にそんなことを考えています。